どうして唇の色が悪くなるの?

顔の印象は、顔のベースの色でも決まりますが、唇の色でも変化します。
顔や唇の血色が悪いと、病気っぽく見えてしまいます。

普段はリップを塗れば、元の色はあまり分かりませんが、すっぴんになった時に自分の唇の色が悪くて悩んだことはありませんか?

この唇の色ですが、体の血液の循環が悪いと唇の色まで悪くなってしまうのです。
通常、血行のいい人の唇はほんのりピンク色。
でも血液の循環が悪いと唇の色は青白くなってしまいます。

このように血液の循環が悪くなるには、さまざまな理由が考えられます。
女性に多い冷えはもちろんのこと、不眠やストレスなども!
ストレスは万病のもととも言いますし、上手に発散したいものですね。

まずは規則正しい生活と食事をきちんと摂って栄養を体に摂りいれるようにしましょう。

そして、体の冷えには入浴でしっかりと身体を温めてあげることも有効です。

スポンサーリンク

役に立ったらシェア!