日焼け止めで肌荒れしない方法とは?

夏の紫外線。きちんとUVケアをしないと肌が焼けてしまうので日焼け止めを使用してケアしている女性も多いでしょう。
しかし、肌の質や使用方法によっては、日焼け止めで「肌が荒れる」ということもあります。

肌が荒れないためには、きちんとした使い方をするのをオススメします。

まず、日焼け止めを使用した時の入浴時に気をつけたいことがあります。
日焼け止めは、紫外線カットのために肌にコーティングしているものです。
これをクリアにしなければならないので洗浄はしっかりと行ってくださいね。
日焼け止めの洗浄が不十分だと肌に負担が大きく肌が荒れる原因ともなります。

そして、日焼け止めを選ぶ際に気をつけて欲しいことは、荒れないように「低刺激」と記載されているものを選ぶ方がいいでしょう。
日焼けの効果が強いことに注視しがちですが、それよりもお肌に優しいかどうかがポイント。

また、通常用いるタイプと海などのレジャー用に使い分けて日焼け効果の強さを分けることも肌荒れ防止にはお勧め。
普段は低刺激タイプを使った方が良さそうです。

スポンサーリンク

役に立ったらシェア!